総量規制対象外

総量規制対象外のローンについて

カードローンやキャッシングなどの小口金融商品は原則として担保も保証人も必要とせず、審査も比較的簡単なため、手軽に利用できるローンとして人気があります。ただ、その手軽さゆえに場合によっては返済能力を越える借入れをしてしまい、経済的に困難な状態におちいてしまうおそれもあります。

 

そのため、貸金業法という法律では個人が借り入れることのできる上限が定められています。具体的には、借入れ額の総額がその人の年収等の3分の1を越えてはならない、というものです。これを総量規制といいます。ただし、すべてのカードローンやキャッシングがこの規制を受けるわけではありません。

 

というのもこの貸金業法は貸金業者、つまり消費者金融会社等に対して適用されるものだからです。したがって、銀行が提供しているカードローンなどは総量規制対象外となります。そのため年収等の3分の1を越える借入れや収入のない専業主婦等の利用も可能です。ただし実際に借入れができるかどうかは個々の審査によることは言うまでもありません。

総量規制対象外で即日融資するなら銀行カードローン

2010年に改正貸金業法が施行されたために、貸金業者からお金を借りる場合には、色々と変更がありました。まず、金利の上限が変更され、20%が上限金利となりました。その他に、一定金額以上の借入れでは収入証明書の提出が義務付けられるようになりました。

 

そして、総量規制が設けられたために、総額で1/3を超える借入れは禁止されるようになりました。利用者にとっては良い面もあるのですが、総量規制のおかげで借入れにかなりの制限が設けられて、不都合な部分も出てきました。そのために、総量規制対象外でお金を借りることが出来ないのかと考える人もおります。

 

総量規制というのは貸金業に対する規制なので、銀行のカードローンであれば総量規制対象外となります。しかし、銀行というと審査に時間がかかって即日融資が出来ないのではないかというイメージを持っている人もおります。しかし、そんな事はなく、最近の銀行カードローンでは即日融資に対応しているところもあります。

オリックスのカードローンは総量規制対象外です

基本的に銀行のカードローンは消費者金融や信販会社のように規制がありません。オリックスは銀行ですから、多くキャッシングできることも可能になっています。オリックスのカードローンは良いカードの条件が揃っていますし、審査も思ったより甘いです。

 

総量規制対象外ということ以外にも、メリットがとても多いと思います。オリックスのカードローンは、300万円以下の融資ならかなり手軽に利用できます。300万円以下でしたら、書類の提出がありません。もちろん総量規制対象外ですから、年収で判断されません。カードローンは無担保ローンですから、担保や保証人は必要ないです。

 

リボルビング払いできますから、多くキャッシングしても返済が楽ということもあります。消費者金融は金利が高いですが、オリックスは銀行なので金利が安いです。金利が低いということは返済負担も小さくなります。総量規制まで借りた方でも、銀行なら利用できます。

レイクは総量規制対象外

キャッシング会社というと、総量規制により借り入れができる金額が最大で年収の3分の1以内と制限されています。そのため、大きい金額を借りようとしても総量規制がネックとなって少額の限度額しか借りることができません。たとえば、300万円借りたいとした場合は、その3倍の900万円年収がないと借り入れをすることができません。

 

日本のサラリーマンの平均年収は400万円代ですので、借りれることができるという人も限られてきます。キャッシングのレイクも以前は総量規制の対象であったのですが、銀行の事業部門の一部となったことで、貸金業法の適用がなくなりました。

 

貸金業法が適用されず銀行法が適用されています。そのため、総量規制が適用されないために年収の3分の1以内といった総量規制対象外のローンなのです。また、収入証明書も100万円以上の高額の限度額を希望する際は必要になりますが、それ以下であれば原則不要で申し込みをすることができます。